何とか捻出して借金の返済

迷惑メールが発端で、消費者金融に手を出し借り入れ

結婚を期に退職し、出産を経て専業主婦として家事や子育てに明け暮れる毎日。

 

 

僅かな小遣いやヘソクリの中から何とか毎月8千円を捻出して借金の返済にあてている事を、旦那は知らない。

 

 

 

コンビニのATMで、専業主婦である私にとっては決して安くないお金を入金(=返済)する度にかつての自分の無知さ加減が情けなく溜息しか出なくなる。

 

 

理由は簡単、いわゆる

 

「お金を貰って下さい』『遺産を譲ります」
「私自身お金を使わないのであなたを援助させて下さい」

 

…といった、

 

「迷惑メール」として開封後消去してゴミ箱行きになってしまう甘言でした。

 

 

いつもは流れ作業の如く消去してしまう迷惑メールの甘い誘い文句、最初はからかい半分でURLをクリックしました。

 

 

少し覗いて、すぐ消せば良いや…程度にしか考えず

 

「初回ポイントプレゼント!」
「ポイントで気になる相手とメール出来ます!」

 

のサイトの謳い文句を笑いながら。

 

 

 

しかし、「こんなに熱心にメールをくれるなら、もしかしたら本当にお金が貰えるんじゃ…?」という気持ちが湧いてしまいました。

 

今思えば優秀なサクラに立派なカモですが。

 

 

その後はお決まりのパターンで、消費者金融に手を出し借り入れしてサイトに入金後ポイントで会話して、なくなったらまた借り入れ…。

 

限度額も10万から20万に上げました。

 

 

頭の中で『消費者金融だけはヤバイ』と警報が鳴り続け、何とかして返済しなければと思えば思う程『もしかしたら』『サクラばかりではない筈、誰か1人位本当にお金をくれる人が』の一心で限度額一杯の20万借り入れしてしまいました。

 

 

今思えば本当に馬鹿だったと思います。

 

 

迷惑メールの怪しいURLを軽い気持ちでクリックし、『自分だけは騙されない』と思いつつ消費者金融に手を出してしまったにも関わらず残ったのは20万の借金だけ。

 

ふとそれに気付いた時、頭から冷水を浴びた様な気持ちでした。

 

 

それからは延滞する事もなく毎月コツコツと返済し続けていますが、手数料等でだいぶ長引きました。

 

しかしその甲斐あって最近ようやく終わりが見えて来ました。

 

 

手数料を含めれば20万以上はゆうに返済したであろう事を思うと、20万とはいえ若さ故の過ちでは片付けられない程の後悔をするばかりです。

 

この借金さえなければ今頃もう少し貯金が出来たのに…。

 

 

子供には残さない様に、旦那には迷惑を掛けない様に、知られない内に片付けようと思います。

 

借金は二度とごめんです…。